原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは

幼児

赤ちゃんの肌トラブル

ファミリー

湿疹が出たら病院へ

赤ちゃんの肌は大人と比べてバリア機能が弱く、とてもデリケートなので肌のトラブルが起きやすいのです。赤ちゃんに起きる湿疹を乳児湿疹と言いますが、乳児湿疹には乳児性漏性湿疹・あせも・おむつかぶれ・アトピー・食物アレルギー・新生児にきびなど原因により呼び方が変わります。これらは見た感じで判断することが難しいものなので、しばらく様子を見ていても治らなかったり悪化した場合には病院へ行って相談すると良いと思います。肌がデリケートな上に汗をよくかき、かゆいところがあると触ろうとしたり痛いところがあると泣いてしまうかもしれません。乳児湿疹の原因を突き止めて、周囲の大人が落ち着いて適切な対処や対応を心がけ、赤ちゃんに不安を与えないことも大切です。

清潔にすることが大切

乳児湿疹はベッドやシーツなどを清潔に保つことや赤ちゃんの体を清潔に保つことで予防できますが、食物アレルギーは気を付けたいところです。生まれたばかりの赤ちゃんなので、何でアレルギー反応が出るのかは周囲の大人も分からないと思います。湿疹が出た時には、まず原因かもしれない食べ物があるがあるかを思い出してみましょう。病院で診てもらう時に、心当たりのある食べ物を医師に伝えて検査をしてもらうと何でアレルギー反応が出るのかが判明します。また、新生児にきびは母親の女性ホルモンが原因で、女性ホルモンの影響により皮脂分泌が活発な新生児は皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしやすいとされます。外部刺激や汚れでもなるので、清潔第一です。清潔な状態を維持するためにも、日頃のスキンケアが重要です。赤ちゃん専用の入浴剤やソープでやさしく洗ってあげましょう。

Copyright© 2016 原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは All Rights Reserved.