原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは

幼児

赤ちゃんの肌トラブル

親子

湿疹と今後の傾向

乳児湿疹とは、生まれたばかりの赤ちゃんの多くに出来やすい湿疹のことを言います。乳児湿疹にも色々な種類がありますが、生まれてすぐに出来る湿疹は新生児ニキビと言われるものです。新生児ニキビの原因は、母体から放出された女性ホルモンの影響で、赤ちゃんの皮脂が過剰に分泌されて皮膚に溜まることが原因です。また、生後3〜4ヶ月頃に多いのは、脂漏性湿疹と言われています。これも、赤ちゃんの皮脂の分泌が多いために起こり、黄色い皮脂の塊が皮膚に浮き上がっている状態のことを言います。これらの乳児湿疹は、いずれにしても赤ちゃんの皮脂分泌が原因であり、赤ちゃんによって症状は様々です。そのため、乳児湿疹になる赤ちゃんの割合は、一定して今後も出てくることが予測されます。

清潔に保つ工夫

乳児湿疹は、ほとんどの赤ちゃんは月齢を重ねるにつれて、良くなっていきます。肌を綺麗にするためには、まず肌の清潔を保つことが必要です。顔だけでなく、脇や首まわりは汗をかきやすかったり、皮脂が溜まりやすい所です。このような場所は、特に石鹸で優しく洗うことが大切です。ただし、いくら肌を清潔にしたり、室内環境を整えたりしても改善されない場合は、別の原因が考えられます。乳児湿疹も、悪い状態が長引いたり放置したままでいると、アトピー性皮膚炎になる可能性があります。アトピーになると、激しい痒みを伴い、赤ちゃんにも辛い状態になります。そうならないためにも、早めに小児科や皮膚科の専門医に相談しに行くことが大切です。

Copyright© 2016 原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは All Rights Reserved.