原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは

ベビー

赤ちゃんの肌トラブル

親子

乳児湿疹の原因のほとんどは、赤ちゃんの肌から放出される皮脂の過剰分泌です。しかし、乳児湿疹が長引いたりすると、アトピーに移行する可能性もありますので、なるべく早く小児科や皮膚科で診てもらうことが重要です。

» 詳細を読む

赤ちゃんにできる湿疹

ミルクを飲む赤ちゃん

西松屋

ベビー服は通販サイトで購入しましょう。忙しいママでもできる、楽ちんなお買い物になりますね。低料金で販売されているので嬉しいです。

湿疹のできる時期

赤ちゃんに多い皮膚トラブルに乳児湿疹があり、これは赤ちゃんにできる湿疹をすべて原因を問わずに乳児湿疹とひとまとめで呼ぶことが多い症状です。乳児湿疹は生まれてから1歳頃になるまで、できやすくママの悩みのタネとなる症状ですが、赤ちゃんの皮膚が強くなってくると共に自然とできなくなることが多いです。ただ、それまでは季節を問わずにできやすく、皮脂線の多い場所に乳児湿疹はできやすいので注意が必要です。その為、1歳頃までは乳児湿疹ができた場合は正しいケアと清潔さを保つことによって早期に改善をはかる心掛けが必要です。また、1歳を過ぎても乳児湿疹かなと思う症状がある場合は、医師の診察を早めに受けるようにしましょう。

皮膚が強くなると共に

乳児湿疹は赤ちゃんによってできる原因に違いがあり、できやすい時期があります。例えば生後1ヵ月から3ヵ月頃にできる乳児湿疹の多くは脂漏性皮膚炎と言われ、原因はお母さんのホルモンの影響と赤ちゃんの代謝機能の未熟さからできます。対策としては、石鹸をよく泡立てて指の腹の部分で優しく洗うことが大切です。生後4ヵ月から10ヵ月頃になると乳児湿疹でも乾燥性皮膚炎になりやすく、赤ちゃんの肌がカサカサして湿疹ができます。原因は赤ちゃんの皮膚が薄いので乾燥に弱いためです。対策は大人と同じで洗いすぎないことが必要となり、保湿ケアを欠かせないようにしましょう。赤ちゃんの保湿ケアに便利なのが、赤ちゃん用のローションです。こちらは赤ちゃん専用の保湿ケアアイテムとなっており、無添加の商品が多く販売されています。高い保湿性とさらさら感を両立し、ベタつきなく保湿が可能なのも大きなメリットといえるでしょう。ベタつきが酷いと赤ちゃんにとってもストレスとなってしまうので、そういった負担を軽減できる保湿アイテムとなっています。

赤ちゃんの肌トラブル

ファミリー

赤ちゃんはツルスベ肌で羨ましいものかもしれませんが、大人よりもバリアが弱くデリケートなものです。乳児湿疹には色んな原因がありますが、周囲の大人が適切に対応することで改善も予防もできます。ただトラブルの起こしやすさは人それぞれなので、落ち着いた対処や対応が必要です。

» 詳細を読む

小児とステロイド外用薬

親子

大人の湿疹に使用されるステロイド外用剤は、赤ちゃんに起きる乳児湿疹にも使用されます。しかし、使用したくないという人が多いとされます。大人の湿疹も乳児湿疹も原因はさまざまですが、乳児湿疹の場合は自然に治るので、ステロイドは使用しなくて大丈夫といわれています。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 原因を知って普段からのケアを欠かさずに行なう│乳児湿疹とは All Rights Reserved.